ふくしまサクラモリプロジェクトからのお知らせ

4月9日(土)”ふくしまサクラ“の植樹が行われました。

投稿日:

”ふくしまサクラ“の植樹が行われました。

八百津フクシマサクラモリの藤本さんからお便りが第2弾が届きました。

4月9日、福島復興のシンボルの八重桜「はるか」などの植樹が行われました。

集まったのは、会員やその家族20名、集まった会員やその家族20人の手により、穴掘りから、施肥、土寄せ、水やり、そして鹿の食害対策まで1本1本大切に植えられました。

はじめての植樹に参加した安江海翔くん(小4)は、

「僕の植えたさくらが大きくきれいに育ってくれて、いろんな人に見てもらって喜んでもらえたらうれしい」、

妹の絢音さん(小2)は、

「私の植えたさくらが、かわいく元気に一番背が高く大きく育ってほしい。さくらが大好きです!」

と答えてくれました。

暗いニュースが日々流れる中、「福地ふくしまさくらの森」が子供たちの“夢と未来”を開花させていく事を願っています。

-ふくしまサクラモリプロジェクトからのお知らせ

Copyright© ふくしまサクラモリプロジェクト , 2022 AllRights Reserved.