イベント・行事

イラクの地にふくしまサクラが植樹されました。

更新日:

“ふくしま” “イラク” の子ども達の笑顔が伝える、「がんばろう!」という言葉の先にあるもの。

コロナウイルスが気付かせてくれる、人と世界との繋がり。今、世界がともに乗り越え、『未来』を作っていくために。

ふくしまサクラプロジェクトは、ふくしまサクラを、多くの有志の方々の協力をいただき、福島から各地へと植樹し、人々の心を繋いできました。2020年2月には、戦火を乗り越えてきたイラクの大地に、ふくしまサクラが再び100本植えられました。震災を乗り越えながら成長してきた福島の子ども達と、戦火の記憶を乗り越えながら成長してきたイラクの子ども達。「負けない強さ」と「未来へ向かう力」を、私たちに伝えてくれます。
今、私達が直面している困難を、新しい生き方、人や世界との連帯を気づかせてくれるきっかけにしていけたらと願わずにいられません。

イラクの桜

冬を乗り越え春に花咲くサクラのように、子ども達の夢と未来が花開く日を信じ守りたい。
私たちは、イラクトヨタとサルザールーグループのご協力を頂き、2019年、ふくしまサクラを、日本で震災に逢った子ども達のもとから、イラクで戦火を経験した子ども達のもとへと200本届けました。春が巡り花咲くふくしまサクラのもとで、イラクの子ども達の心が夢に向かって花開く、そして、子ども達の心が国境を越えて結ばれていくことを願い応援しています。

Through this project, we hope your dreams will reach people of Japan and further out to theworld.And we hope that as many people as possible will share and discuss Fukushima's dreams.このプロジェクトを通じて皆さんの夢が、日本中の、そして世界中の人たちのもとに届くよう、そして一人でも多くの人たちが人たちが、ふくしまの夢を共有し、話し合っていただけるよう、応援していきたいと思っています。Toyota Iraq イラクトヨタSardar Group サルザールグループ

ふくしまサクラが、イラクの空へ!未来へ!

2020年2月6日、再びイラクの地にふくしまサクラが植樹されました。

2020年2月6日、イラクの地にふくしまサクラが再び植樹されました。今回植樹された100本のふくしまサクラは、イラクのサクラモリの手で、大切に育まれています。
戦火を乗り越えた大地に、未来へと花開くサクラが届けられたことは、ふくしまの子ども達の心に大きな希望になりました。
サクラが花開く時、言葉や文化の違いを乗り越えて通じ合うものが芽生え、イラクの子ども達とともに、決して諦めない希望・夢となり、未来へと繋がっていくと信じています。
イラクのサクラモリが、日々守り育てるふくしまサクラのもとで、子ども達が集い、笑顔になる日を夢見ています。

「イラクの大地に花開いたふくしまサクラ」(2019年植樹)

世界が、コロナとの戦いを乗り越え、互いに心をつなぐ機会となる、意義深き2021年東京オリンピックの開催を祈らずにいられません。
そして、“東京オリンピックから始まる未来へのストーリー”が綴られていくことを夢見ています。
日本の子供たちとイラクの子供たちが一緒に植樹する日を…。
成長したサクラと子供たちが再会する日を…。

-イベント・行事

Copyright© ふくしまサクラモリプロジェクト , 2020 AllRights Reserved.